ハピネステーション

中国男子バレー代表のマナーや強さは?平均身長や世界ランクは高い?

time 2016/05/29

こんにちわ。

リオ五輪最終予選の男子バレー1回戦は3-1と幸先の良いスタートとなりました。

そして2回戦の相手となるのがこれまで幾度となくライバルとして争ってきた中国です。

いつもよりも応援に熱が入りそうです。

それで今回はその中国のマナーやどれくらい強いのかを調査してみました。

<スポンサードリンク>

リオ五輪へ行くには

女子はリオ五輪への切符を手にしましたが、

実際にリオ五輪へいくには何位だったらいいのかがイマイチわかってない方もいらっしゃると思います。

まずはそこをおさらいしておきましょう。

今回は試合はリオ五輪最終予選と言われていますが、

後ろにも名前が続いていて正式名称は世界最終予選兼アジア大陸予選大会といいます。

どういうことかと言いますとこの試合は世界最終予選とアジア大陸予選が同時に開催されているということなのです。

そのままですねw

で、それじゃあリオ五輪へ行くにはどうしたらええんやって話なんですけど、

  • アジア大陸予選で日本を合わせた4ヵ国の中で1位になる。
  • 世界最終予選で上記優勝国を除く7カ国の中で3位以内に入る。

これがリオ五輪へいくための条件です。

アジア大陸戦にはイラン、オーストラリアそして中国が出場しています。

すべての出場国を合わせると8ヵ国なので4位以内に入れればいいというわけです。

全日本男子バレーリオの可能性!弱いしラリーがつまらない?

中国男子バレー代表のマナーや強さ

それでは中国男子バレーについてです。

中国はいつもマナーが悪い、マナーが悪いと言われ続けていますが、

中国男子バレー代表の試合マナーはどうなのでしょう。

過去にそれに関連する事件があったのをみなさんは知っておられるでしょうか?

4年前のロンドン五輪最終予選の時の中国戦のときにそれは起こりました。

スポーツといえば、ウォーミングアップをしっかりしないといけないですよね。

それで両国がウォーミングアップのためにコートを半分に分けてスパイクの練習をしていました。

そのときに中国選手が放ったスパイクが、当時日本代表のキャプテンだった宇佐美選手の顔面に直撃して、試合にでれなくなったということがありました。

急遽控えの近藤選手に交代しましたが、思わぬアクシデントだったために足元をすくわれて、3-1であっけなくはいぼくしてしまいました。

一部では「こんなんどう見たってわざとやろ、ストレートの練習をプロがどう打ったらクロスに飛ぶんや」などといった非難の声が多く上がっていましたね。

僕は実際にその場面を見たわけではないので、どれくらいひどいものだったのかはわかりませんが、とにかく過去にこういう事件があったということです。

中国選手がわざとでやったとは思いたくないですが、今回はそういうことが起きないよう願っています。

<スポンサードリンク>

中国男子バレーの強さや世界ランク

さて、続いては中国の強さや世界ランクです。

今回出場している国のなかで世界ランクは下から2番目の19位です。

それではこれまでの成績を振り返ってみます。

オリンピックの成績はメダルなしで最高でも2008年の北京五輪で5位です。

世界選手権のほうも目立ったところはなく最高が7位でした。

ただ、アジア選手権となると優勝3回、準優勝6回、3位5回と好成績を収めています。

アジア選手権は出場国も少ないせいかもしれませんが。

ちなみに日本はというとアジア選手権での優勝は8回、準優勝3位はともに3回です。

昔の日本はバレーがとても強かったので、オリンピックでも1回金メダルをとっています。

ただ、全体的な流れで見ると最近の日本と中国の成績は同じくらいでした。

それでも2015年に行われたアジア選手権では日本が優勝、中国が3位と勝っているので今回もデジャヴとなってほしいですね。

世界ランクも日本が14位、中国が19位と上回っているので勝率は高いと思います。

中国男子バレーの平均身長

とは言っても相手もプロ選手ですので、油断はできません。

なんといっても中国の選手は背が高いのです。

2m超えの選手が7人もいるんです!

日本で2m超えの選手は3人でした。

さらに、中国選手でスパイクの最高到達点が350cmを超えている選手は11人です。

日本で350cmを超えるような選手は福澤選手をはじめとした3人だけです。

これらをみてわかるように中国選手は高さが武器です。

で、中国選手の平均身長は驚異の196.5cmです。

日本の平均身長が188cmなので10cmも差がありますね。

これらをもう少し詳細にしてまとめた表がこちらです。

日本 中国
2m超えの選手 3人 7人
平均身長 188cm  196cm
スパイク高さ平均 336cm 342cm
ブロック高さ平均  320cm 328cm
チーム1の最高到達点  355cm  360cm

まとめ

中国や韓国とは昔からのライバルなので、絶対に負けられませんね。

それと礼儀もわきまえて両国が気持ちよく終われる試合であってほしいと思います。

それでは今回もありがとうございました。

<スポンサードリンク>

down

コメントする