ハピネステーション

デッドプールとスパイダーマンは似てるがパクりじゃない?関係性や素顔も調査

time 2016/05/29

こんにちわ。

海外でも日本でも話題作のデッドプールについてですが、

どこからどう見ても僕はスパイダーマンにしか見えません。

みなさんもそうだと思います。

今回はデッドプールとスパイダーマンの関係性や素顔などを調査してみました。

それではよろしくお願いします。

<スポンサードリンク>

デッドプールについて知る前に

デッドプールの概要ついて知る前におさえておいてもらいたい単語があります。

  1. アメコミ・・・アメリカンコミックスの省略。MABELやDCなどから出版されるヒーローコミックのこと
    例)スパイダーマン、キャプテン・アメリカ、ハルクなど
  2. MARVEL・・・大手出版社。現在はディズニーに買収されたためディズニーの傘下にある。
    MARVELから出版されるアメコミのヒーローたちは同一の世界観を共有しているのでしばしば共演をすることがある。
  3. X-MEN・・・超能力をもったミュータントという人間がでてきてわちゃわちゃする物語。
    主な登場人物としてウルヴァリンなどがいる
  4. ヴィラン・・・アメコミの中の悪役のこと

デッドプールのプロフィール

それではこれらを踏まえた上でデッドプールのプロフィールをみてみましょう。

彼の本名はウェイド・ウィルソンと言います。

デッドプールというのは自分でつけた名前でこのスパイダーマンみたいなやつの名前、もともとはX-MANシリーズに悪役として登場していた脇役キャラクターです。

デップーやプーさんの愛称で親しまれています。

こちらのプーさんはかなり危険な匂いがしますが。

X-MANを見ていた人ならわかると思いますが、ウエポンX計画というものがあります。

ウルヴァリンが手の甲から刃を出せるようになったのもこの実験が原因です。

で、デッドプール自身もこの実験台に自ら名乗り出ました。

というのも彼は末期ガンを患っていたので治癒能力を得るために参加したというわけです。

しかし、その研究施設は人でなしのようなもので実験台同士を戦わせ、誰が最初に亡くなるのかというギャンブル(デッドプール・ゲーム)をエンジョイするイかれた施設でした。

デッドプールはヒーリング・ファクターを入れられていたので、命だけは免れました。

しかし、これのせいで全身がガン細胞に侵されて目もむけられないような酷い姿へなっていたのでした。

それが原因でデッドプールはマスクをかぶるようになって、自身の名前も「デッドプール」となずけました。

彼の特徴といえばその戦闘シーンでの下劣な言葉遣いとマシンガントークです。

デッドプールはクールでもなければ、理性を失っているわけではないく、頭がハッピーセットな奴だと思っていただければいいと思います。

また彼の戦闘スタイルは馬鹿力を駆使した戦いではなく、重火器などを使った戦いや格闘術などのテクニックを駆使したものを得意とします。

デッドプールの基本能力としましては瞬間移動を可能とするベルトにより短距離での瞬間移動とさきほどもいったヒーリング・ファクターで驚異的な治癒能力を持っています。

ヒーリング・ファクターをもってしても頭の馬鹿さ加減はどうにもなりませんが。

1つとてつもなく大事なことを言い忘れていました。

デッドプールにはもう一つ能力があり、それは第4の壁の突破ができるということです。

第4の壁ってなんぞや??って方のために説明します。

簡単に言うと物語の中で読者などに話しかけたりができるということです。

デッドプールは編集者に文句を言ったり、我々読者に相談を持ち掛けたりと本来は認識しえないはずのものを意識したり知っていたりします。

なので自分自身がコミックキャラクターであることも自覚していますw

要するに自分の世界だけにとどまらずいろいろな世界に干渉してくるってことです。

日本のアニメでもたまに第4の壁を破っているときありますよねw

まぁ書こうと思えばたくさん書けるのですが、MARVELの世界観はとてつもなく壮大でもっと詳しくまとめているものもネットにはあるのでもっと知りたい方はそちらを参考にしてもらえればと思います。

デッドプールとスパイダーマンは似てるがパクりじゃない?

デッドプールの簡単な経緯とプロフィールが分かったところで、気になるスパイダーマンとの関係です。

デッドプールは元々どうでもいい使い捨てキャラでした。

しかしなんと超脇役の彼の人気が爆発してしまったため現在映画化までされるようになったわけです。

なので、設定もほかのキャラクターからパクりまくっていて

容姿のモデルとなったのはデスストロークというヴィランです。

デスストロークの本名も「スレイド・ジョセフ・ウィルソン」で、デッドプールの「ウェイド・ウィルソン」と非常に似ていて作者が2人が親戚だったらおもしろいんじゃないという考えからできています。

また口数が多いのはスパイダーマンの設定からパクっています。

これでわかったと思うのですが、デッドプールの姿はデスストロークからパクったということです。

でも、多少はスパイダーマンの容姿も参考にしたとは思います。

それではその特徴的な赤と黒のマスクがどうやって作られているのか見てみましょう。

<スポンサードリンク>

デッドプールとスパイダーマンの関係性や素顔は?

デッドプールやスパイダーマンはMARVELから出版されています。

なので、2人を共演させることが可能なのです。

これら以外にも様々なキャラクターと共演をしています。

アベンジャーズとかまさにそうですよね。

それでデッドプールは実はスパイダーマンのことを友達だと思っていて、時折2人は共演することもあります。

しかし、それは一方的に思っているだけで、スパイダーマンからは嫌われています。

それぞれの作品(コミック)でも共演したことはありますが、あまり深い関係ではないようです。

ただ、映画でもスパイダーマンのことをいじってほしいですねw

もう1月になることはデッドプールの素顔ではないでしょうか。

コミックでの顔はこちらです。少しグロいです。

そして映画の素顔はこちらです。

以前デッドプール役としてX-MANに出演していましたが、今回は特殊メイクで同一人物とは思えないほどになっていますね。

右はあれですが、左はとてもイケメンですよね!

それでは最後に映画でデッドプール役をつとめたライアン・レイノルズさんからのメッセージです。

まとめ

それでは今回はデッドプールとスパイダーマンの関係についてでした。

これらを踏まえてみたら映画もおもしろくなるんじゃないかなと思っています。

長らくお付き合いいただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>

コメント

  • CD?X-Man?なにそれX-MenとDCじゃないの?

    by 匿名 €2016年5月31日 5:52 PM

    • ご指摘ありがとうございます。

      確認せず投稿してしまいました。
      今後はより一層誤字脱字がないよう心がけます。

      by happi-sta €2016年5月31日 5:55 PM

down

コメントする