ハピネステーション

男子バレーフランスのグルベニコフは超イケメン!ヌガペトは強い?

time 2016/06/05

こんにちわ。

男子バレーリオ五輪最終予選の最終日ですね。

日本はリオへの切符は逃してしまいましたが、最後まで戦いきって次につなげてほしいです。

さて、今回は最後の対戦相手のフランスの選手について調べてみました。

僕は男ですが、フランスはモデルのようなイケメン選手が多いので、見てて飽きませんw

それではよろしくお願いします。

<スポンサードリンク>

男子バレーフランス代表のイアルバン・ヌガペトが強い?

ヌガペト選手はとても頼りがいのありそうな雰囲気を醸し出しているんじゃないですか?

筋肉モリモリで強そうですし、ヒゲがなんともいいですね。

それではヌガペト選手のプロフィールです。

生年月日は1991年の2月12日で、現在は25歳です。

なんか1990年代生まれの顔だとは思えないくらいワイルドです。

そして、バレー選手で一番気になるのは身長ですよね。

ヌガペト選手の身長は194㎝と思ったより高くありませんでした。

最近バレーの記事を多く書いていて自分の中では2m以上じゃないと大きくないという基準ができてしまいましたw

慣れって怖いですね。

そしてヌガペト選手の体重は101㎏とガッチリ体型です。

身長が高いと筋肉がつきにくいイメージがありますが、ヌガペト選手や日本の清水選手をみてると全くそんなことはありませんよね。

なんとスパイクの最高到達点は358㎝と非常に高いです。

日本で一番高い最高到達点は355㎝ですが、フランスはそれを超える選手がなんと5人もいます。

それに340㎝以上の選手は14人です。

バレーは身長が高ければ高いほど有利なので、単純に身長だけで見れば日本は不利ですね。

ヌガペト選手に話を戻しますが、ヌガペト選手は変幻自在なプレイを得意としています。

変幻自在って言葉が具体的じゃないので、イメージしにくいかと思います。

なのでそこは試合を見てほしいと思います。

まぁわかりやすい指標と言えるかは分かりませんが、ヌガペト選手はこれまでにMVPを4回、ウィングスパイカー賞を1回受賞されています。

MVPを4回受賞できる力をもった選手なので、どれだけ強いのかはわかっていただけたんではないでしょうか。

ちなみになんですけど2014年からセリエAモデナというクラブにいて、日本の石川祐希選手のチームメイトでもあります。

普段から日本のエースと過ごしているのでそこは多分対策してくるでしょう。

<スポンサードリンク>

フランス代表の背番号2のグルベニコフは超イケメン!

ヌガペト選手もかっこよかったですが、次は美形のイケメンです。

サッカーのネイマール選手とハメス・ロドリゲス選手を足して2で割った感じの顔ですね。

結構いい例えができたんじゃないでしょうかw

そんなグルべニコフ選手のポジションはリベロです。

リベロは攻撃ができませんが、リベロいてこその攻撃なのでグルベニコフ選手はとても重要なメンバーです。

リベロなので身長はそこまで高くない188㎝で、体重も85㎏と他選手に比べては小柄なイメージです。

違いますね。他選手が大きすぎるのですw

しかし、最高到達点は345㎝です。この身長でジャンプ力がこれだけあるのですから、身体能力の高さがうかがえます。

どちらにしろフランス戦は厳しいものとなりそうです。

フランス選手はほかにもイケメン選手がいて、

ルジエ選手はワイルド系のイケメンです。

バレーフランス代表のルジエがイケメン!ケバンの身長も調査

まとめ

フランスはFIVBランク10位と日本より強いですが、最後は粘って勝ってほしいです。。。

ただ、いつ見てもサーブミスが多いのでそこがどうなるかで結構試合内容は変わってくるでしょう。

それではありがとうございました。

<スポンサードリンク>

down

コメントする