ハピネステーション

ポケモンGOのレアポケモン出現位置はIngressで見つかる裏技が発見!

time 2016/07/22

 

こんにちわ。事務員です。

 

今回は裏技チックな記事になっています。

 

ポケモンGOでは、実際に歩いて見つけなければいけないこともあって、出現率の低いポケモンを見つけるのは非常に困難です。

 

アメリカではレアなゼニガメの出現情報を聞きつけ、トレーナーがアメリカ・ワシントン公園に殺到していました。

 

これほどまでにレアなポケモンを、アプリゲーム『Ingress』を使うことで見つけることが出来る裏技が見つかりました!

<スポンサードリンク>

ポケモンGOのレアポケモン出現位置!

ポケモンGOでは、あらゆる場所にポケモンが出現します。

 

ですが、地域天候などによってでやすいポケモンもいるようです。

 

水辺ならば水タイプのポケモンが出やすいですし、

 

高気温ならの日なら雪に関連したポケモンが出やすくなり、に見つかりやすいポケモンもいます。

 

ただし、限られた場所でしか見つからないというポケモンは今のところいないようです。

 

現在確認されているレアポケモンは平地に出現するものが多いため、基本的には根気良く歩き回れば見つけることが出来るかと思います。

 

しかし、長距離を歩くのが大変なのも事実。

 

そんなポケモントレーナーの皆さんに朗報です!

 

レアポケモンを見つけやすくする裏技が発見されました!

 

ちなみに田舎と都会ではポケモンの見つかりやすさは変わりませんのでご安心ください。

 

ただしポケストップ(アイテムが置いてある場所)は建物の多い都会のほうが見つかりやすいので、

 

そういった意味では田舎は都会よりも大変と言えます。

 

【追記】

レアポケモン以前にポケモンすら出現しないという人は〇〇へ行けばいいことが分かりました!

ポケモンGOのマップで草や花が舞うエフェクトの意味は何?

<スポンサードリンク>

ポケモンGOのレアポケモンをIngressで見つけられる裏技が発見!

ポケモンGO イングレス

IngressはポケモンGO同様に位置情報を利用して現実世界で陣取りをするゲームです。

 

プレイヤーは「ポータル」と呼ばれる拠点を確保し、

 

自勢力の陣地を増やしていくのですが、このポータルの位置と、

 

ポケモンGOのポケストップの位置が一致しているのです。

 

何故かというと、ポケモンGOとIngressは同じ「Niantic」という会社が作っています。

 

そのため、システムも流用されているのでしょう。

 

レアポケモンを探すには、このIngressとポケモンGOを同時に起動しておけばOKです!

 

Ingressのマップに現れる白い粒とポケモンの出現位置には何らかの関係があり、

 

白い粒が密集しているところでレアポケモンが見つかりやすいようです。

 

実際にそこでゼニガメを入手した方がおられます。

 

レアポケモンがすぐに欲しい方や、時間がない方には朗報ですね!

 

そして早くレアポケモンを手に入れたらアカウントを売ってしまう人もいます。

 

危険性などはないのでしょうかね。

ポケモンGOのRMTでの売買は危険?システムや仕組み!

まとめ

Ingressと同時起動するだけでレアポケモンが見つかりやすくなるなんて、利用しない手はないですね!

 

しかし、実はこの方法にも欠点があります。

 

それはバッテリーを大量に消費すること。

 

どちらのアプリも、位置情報ARを常に利用しているためバッテリーを激しく消費します。

 

配信と同時にモバイルバッテリーが店から消えてしまうほど、深刻な消費量になっています。

 

そのため、利用する際はスマホを2台持ちする、大容量のモバイルバッテリーを持つなど、工夫が必要になってきますのでご注意ください!

 

この方法を利用してジャンジャンレアポケモンを捕まえましょう!

 

また事故等が懸念されているポケモンGOですが、対策はあるのでしょうか。。。

ポケモンGOの事故防止策はApplewatchとVR?

<スポンサードリンク>

down

コメントする