ハピネステーション

ポケモンGOの個体値と努力値と種族値について分かりやすく解説!

time 2016/07/25

こんにちわ。

 

ポケモンGOガチ勢のみなさん、事務員です。

 

そんなあなたが気になるのは個体値と努力値、種族値の有無ですよね。

 

今回はそこらへんを分かりやすいかどうかは分かりませんが、解説してみようと思います。

 

※まだ確定情報が出ていませんので現時点での見解です。

<スポンサードリンク>

ポケモンGOの個体値

ポケモンでおなじみの個体値です。

 

これまでポケモンシリーズをプレイしてきた人なら分かると思いますが、念のために個体値が何かを確認しておきましょう。

個体値:HP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さの6つのステータスの高さ。0~31まであり31をV、30をUと言ったりします。

 

簡単に言えばそのポケモンの資質です。

 

人間でいえば生まれつき運動がめちゃくちゃできたり、記憶力がとてもよかったりというような能力です。

 

なのでこの値が高いほうが強いポケモンといえます。

 

高ければ高いほど良いかというとそうではなくて攻撃が低いと混乱状態になったときにダメージが減ったりというようなメリットもあります。

 

なので一概にすべての値が高いほどいいわけではありません。

 

簡単に説明しましたが、個体値については理解できましたでしょうか。

 

それではポケモンGOの個体値についてはどうなのでしょうか。

 

言っておきますが重さ、高さは今のところほぼ強さに関係ないことが分かっています。

 

この表を見てみてください。

ポケモンGO ズバット

これは26体のズバットを捕まえて重さ、高さ、CP、HPの関係性を調べるという検証です。

 

見てもらったらわかる通り重さや高さは全くCPとHPに関係していません。

 

せめてデカいポケモンはHP高くしろよとは思ったのですが、厳選がめんどくさくなるのでこれでいいかもしれないです。

 

なので重さと高さに関しては現時点では超どーでもいい値です。

 

といいたいところですが、どうやらそう決めつけるのはまだ早いです。

 

【予測】

ここからは予測になりますので、確実性はありません。

 

指摘等あれば言っていただければと思います。

 

現時点でのトレーナーレベルの最大は40と言われています。

 

その状態からポケモンを限界まで強化すると実はサイズが大きいほうがCPの限界値が高いと言われています。

 

ただ、今のところそこまでトレーナーレベルをあげて検証をしている人を確認できていません。

 

他の攻略サイトでもよくサイズとCPは関係ないよーと言っておられますが、

 

それは成長途中のことであって最終的な数値ではないのです。

 

なのでそう決めつけてしまうのは早いです。

 

サイズが大きいほうが強化回数が多くなるということかもしれません。

 

要するにこういうことです。

個体値 強化回数

個体値が高くてもサイズにより最終的な強さが逆転してしまう可能性があるということなのです。

 

ただ、個体値が大きくが離れている場合は逆転する可能性は低いかと思われます。

 

 

正確性に欠けますが、少し頭の片隅にでも入れておいてもらえたらなと思います。

 

また、事務員(管理人)は重さや高さがバトル時の攻撃や回避速度に関係してくるのではと考えています。

 

これについて調べてみましたが、思うような情報がありませんでした。

 

もし有益な情報があればぜひ教えて頂けるとありがたいです。

<スポンサードリンク>

ポケモンGOの努力値について!

さて、次は努力値についてです。

 

努力値は特定のポケモンを倒すことにより得られるポイントです。

 

これまでのポケモンなら努力値が+4されると実際の数値が1上がるようになっています。

 

1体のポケモンが得られる努力値は最大で510で1つの特性につき252までです。

 

なので実際に目に見えて上がる数値は127、8です。

 

例えばピカチュウを倒すと素早さの努力値がもらえるようになっているのでそれを繰り返すと行動の速いポケモンが出来上がります。

 

努力値はそのポケモンの優れている能力をさらに伸ばしてあげてもいいですし、苦手な部分を補うことにも使えます。

 

で、ポケモンGOに努力値はあるのかというとありません!

 

そもそもポケモンGOでのポケモン強化はバトルで上がるわけではなく飴で強化していきます。

 

というわけで努力値という概念は存在していないと思われます。

ポケモンGOの種族値について!

最後は種族値です。

 

種族値とはそのポケモンごとに決められた値のことを指します。

 

いうなれば種族値は固定ステータスで個体値は変動ステータスです。

 

なのでピカチュウならどのピカチュウも種族値は同じです。

 

で、ポケモンGOには種族値はあるようです。

 

海外ですでにいろいろ分析されておりこのサイトにはすでに全ポケモンの種族値が記載されています。

 

ポケモンの種族値を見る

 

その種族値が高いと一回の強化の伸び率が大きくなります。

 

例えばカビゴンはHPの種族値が高いのでHPの伸びが大きいです。

 

というわけでそれは上記のサイトを確認してみてくださいね!

まとめ

ポケモンGOはこれまでのポケモンと勝手が違うのであまりやり込み要素がないですね。。。

 

もっと新しいシステムなどを増やしてほしいところです。

 

それでは今回もありがとうございました。

<スポンサードリンク>

down

コメントする