ハピネステーション

男子バレーポーランドのミハウ・クビアクがイケメンで強い!身長や最高到達点は?

time 2016/05/31

こんにちわ。

男子バレーも3戦目になりましたね。

残念ながら中国戦はストレートで負けてしまいました。。。

しかし、まだあきらめてはなりません。

あきらめたらそこで試合終了ですからね!

中国へのリベンジはリオ五輪で果たす(中国がいければの話)としてポーランド戦も選手、観客一体となって応援しましょう!

それで今回はそのポーランド代表のエースである、ミハウ・クビアクさんを調査しました。

<スポンサードリンク>

男子バレーポーランド代表はどんなチーム?

さて、クビアクさんについて知る前にまずはポーランドがどんなチームなのかおさえておきましょう。

ポーランドは正直言ってバレーめちゃくちゃ強いです。

なんとFIVAランクは2位と今回出場している国の中で1番です。

またポーランドはバレーの歴史は1947年からとそこまで早くありません。

バレーの誕生はアメリカのウィリアム・G・モーガンによって1895年2月9日に発案されたスポーツです。

日本にバレーが入ってきたのは1913年のことなので、ポーランドとは34年もの差があります。

だから日本が強い、ポーランドが弱いとかいう話じゃないですよw

実際今はポーランドのほうが強いですし。

そして、ポーランドはバレー暦が10数年なのに1965年ワールドカップで銀メダルをとっています。

他国は50年とか長くしているところもあるのに、まさにごぼう抜き状態です。

日本にもわずかバレー暦5年なのに代表に入っている山内晶大選手がおられますね。

で、そこから1990年代まではずっとスーパーサイヤ人4状態でしたが、2000年代にかけては思うように成績が伸びずメダルもとれていませんでした。

しかし、最近になってまたメダルがとれるようになって強豪国として舞い戻ってきました。

そんなポーランド代表のエースであるミハウ・クビアクさんについてです。

<スポンサードリンク>

ミハウ・クビアクはイケメンだけど身長や最高到達点は?

ミハウ選手は1988年2月23日生まれの28歳です。

ポジションは攻撃主体のウィングスパイカーです。

本名は「ミハウ=ヤロスワフ=クビアク(クビャク)」というそうです。

クビアクかクビャクで迷ったらそれっぽい発音してください。

で、ミハウ選手を見て思ったのですが、とてもがたいがいいですね。

日本の清水邦広選手の方がいい気もしますが。

その体から繰り出されるスパイクはテレビ越しからでも強さが伝わってきます。

実はミハウ選手はもともとはビーチバレーボールの選手だったようです。

そのムキムキの体を見てみたかったですw

これまでも個人で様々な賞を獲得されていて、かなり手ごわい選手です。

身長や最高到達点ですが、まずは身長です。

身長は191㎝で体重は80㎏です。

日本で191cmの選手は石川選手や傳田選手です。3人ともイケメンですね!

水曜のダウンタウンに「191㎝の人はみなイケメン説~」ってやってほしいですw

バレー背番号19の傳田亮太の読み方や彼女は?可愛いし高校時代も調査

で、ミハウ選手の最高到達点はそれほど高くなく328cmです。

最近自分が3m50以下は高くないと思っていることに気付いて恐怖を感じているところであります。

しかし、その体から繰り出されるスパイクはブロリーが宇宙船に乗った父パラガスを投げ飛ばすくらいの強さです。

ちょいちょいドラゴンボールネタ挟んですいませんw

茶番はおいときましてミハウ・クビアク選手は要注意人物だということです。

まとめ

この前のワールドカップでもポーランドには3-1で負けていますが、1セットとれる実力は日本もあるということなので、奇跡が起こることを願っています。

ただ、この前のようなサーブミスには気を付けてもらいたいところです。

それでは今回もありがとうございました。

<スポンサードリンク>

down

コメントする