ハピネステーション

桜島噴火と熊本地震の関係と阿蘇山は?降灰量や予言を調査!

time 2016/05/01

こんにちわ。

5月1日の15:36分に桜島で大規模な噴火が発生しました。

今回の噴火は地震が引き金となったのか調査しました。

また降灰量や予言はあったのかも調べました。

それでは見てみましょう。

<スポンサードリンク>

桜島噴火と熊本地震の関係

日本は4枚のプレートに埋まっていて地震大国とも言われています。

みなさんもご存知の通り最近は熊本で大きな地震がありました。

合計で1000回以上も余震があるなど、あわただしくなっています。

そんな中、マスメディアの迷惑行為や欲しいものリストの悪用など

いろいろ問題も出てきて、ますます大変ですね。

現地のみなさんが少しでも早く今までの生活を取り戻せるように

僕も少しながら募金をしようと思います。

さて、これまでもたくさんの出来事がありましたが、

次は桜島が噴火してしまいました。

これは地震が関係しているのではないかと僕は推測しました。

武蔵野学院大学特任教授の島村英紀さんによると

1950年以降でM9以上の地震は7つ起きていて

その中の6つは4年以内に近隣の火山が噴火したそうです。

1952年のカムチャツカ地震では5日後にカルピンスキ山が噴火しました。

他は1年半後や4年以内でした。

また東日本大震災のときはプレートが前よりも動きやすくなって

1年に30~40cmも移動しているようです。

これは地震発生前の10倍の早さです。

これにより普段よりマグマのたまりが早くなるようなので、

桜島の噴火も多少は噴火時期が早まったのかもしれません。

ただ、桜島はよく頻繁に噴火していて

昨年の5月21日に4300mの噴火があったばかりです。

なので地元の人からしたら想定内のできごとだったのかもしれません。

僕たちからしたら非常事態だと思ってしまいますが、

そうでないのなら少し安心しました。

<スポンサードリンク>

熊本地震と阿蘇山の関係

熊本地震により阿蘇山も噴火をするのではないかと心配な方もおられると思います。

熊本地震により阿蘇山のマグマだまりは変形したそうで、

噴火はまだ先なのかもしれません。

しかし、安心しているときが危ないので、警戒はしておきましょう。

警戒したところで噴火被害に対処できるのかと言われれば疑問ですが。

防災用品をそろえたり、非常食等の確保をしておくことは大切になってきます。

桜島噴火の降灰量や予言

桜島噴火により降灰は鹿児島市が大量に降るようです。

また他にも東側にある鹿児島県の地域や宮崎県

では少量が予想されています。

現在熊本での降灰予想はありませんでした。

桜島の噴火の予言は調べてみましたが、

これといったものはありませんでした。

しかし、熊本地震の予言はあります。

未来人という人がいてその方は前に

東日本大震災の予言も的中しました。

しかし、未来からきていて自然現象で

何が起こるかは言ってはだめだそうです。

東日本大震災のときも間接的なアドバイスを暗号として言われました。

それは下のリンクから見ることができます。

まとめ

当分はとても生活が困難な日が続くと思いますが、

こういうときこそみんなで協力し合って乗り越えたいですね。

読んでいただきありがとうございました。

熊本地震の予言もありましたねw

次は5月17日にくるようです。

未来人(2062年)本人が現れた4月15日掲示板スレッドのURL(場所)!

<スポンサードリンク>

down

コメントする