ハピネステーション

スーパーマーズはいつまで肉眼で見れる?方角や天気も調査!

time 2016/05/31

こんにちわ。

朝日に浴びて今日も1日頑張ります!!

さて、皆既日食などはよく耳にするのですが、今年はスーパーマーズが見れるようです。

スーパーマーズっていったいなんぞやというとすごい火星ですw

それでは方角や天気なども調査してまいりましたので、少しの間よろしくお願いします。

<スポンサードリンク>

スーパーマーズはいつまで肉眼で見られる?

火星は普段地球と4億kmはなれているのですがなんと5月31日は7528kmまで近づくそうです。

火星は地球と表面積もほぼ同じ星です。

火星の1日は24時間39分とほとんど変わりません。

ちなみに火星の1日は1ソルと呼びます。

これは映画のオデッセイを見ていたらでてきました。結構最近の映画ですし、おもしろかったのでぜひみてみてください。

さて、そんなスーパーマーズですが、なぜそんなことが起きるのでしょうか。

実は火星の軌道は楕円形なんです!

2年2か月に1回近づくそうですね。

なので地球との距離も変わってくるんですね。ぶつからないか心配ですw

さぁそのスーパーマーズをどうやってみたらいいのか気になりますよね。

5月31日はしっかり肉眼でも確認できるようです。

望遠鏡でも見れると思います。

それからはどんどん小さくなっていくと思うので今日の1番大きく見える日に見るのがいいでしょう。

ただ、1週間くらいは見えるそうなので、天気がいい日をチェックしておきしょうね!

<スポンサードリンク>

スーパーマーズの方角や天気は?

じゃあそのスーパーマーズはどっちを向けば見れるのでしょうか。

南東のさそり座あたりの空を見上げると赤く光ったものが見えるようですね。

それがスーパーマーズです。

正直いって観測地点はどこでもいいですw

皆既日食などの特定の位置でしか見れない現象ではないので、どこからでも見れます。

ちなみにその天気なのですが、少し曇りのところが多いようです。

北は雨が多く、南は午後から曇りになりそうです。

ぜひ一度自分の住んでいる地域の天気をしらべてみてください。

見えたときはこんな感じなようです。

この方は多分スマホのカメラで撮影されているので、色が分かりずらいですが、

肉眼でみると赤っぽい色をしているそうです。

まだ僕は見れていないので、なんとも言えませんが。。。

まとめ

スーパーマーズは2018年にはもっと近づいて今回の2000kmは縮まるようです。

貴重な体験なので忘れないように夜まで覚えておいてくださいw

それでは今回もありがとうございました。

<スポンサードリンク>

down

コメントする